menu

CYPRIS MAG
CYPRISの公式ウェブマガジン

CYPRIS×M.MOWBRAY『コードバンクリーム レノベーター』のケア用品を発売!

更新日時:2018/08/30

コードバンクリームレノベーター

希少皮革コードバンのケアに的を絞った『コードバンクリーム レノベーター』

コードバンクリームレノベーター

今回紹介するのは、コードバン専用のケアクリーム『コードバンクリーム レノベーター』です。こちらは希少皮革として人気のコードバンのケアに的を絞った商品となっています。コードバンは他のレザーとは何が違うのでしょうか? コードバンの特性と、このケアクリームの特徴をご紹介します。

コードバンは馬の臀部の繊維組織で、毛付きの表皮側とは逆の内側を削り出し表面を仕上げた革です。そのため表面は起毛革状になっており、ガラスや樹脂などで磨き込んで独特なツヤ感に仕上げられています。本来は、起毛状であることから水分や油分に非常に弱く、シミになりやすい素材です。他のレザーとは異なる特性を持つコードバンに、ベストマッチなケア用品が『コードバンクリーム レノベーター』です。

【特徴1】希少なコードバンをしっかり保湿

コードバンは何もお手入れをしてないと、乾燥肌ではないですが表面がザラザラしてくるような、毛羽立ちを感じるようなコンディションになってしまうんです。これはやはり乾燥が原因。『レノベータークリーム』は、革にとって一番大事な保湿がしっかりでき、希少価値が高くデリケートなコードバンを保革できます。

【特徴2】コードバン特有の毛羽立ちを抑える

このクリームは保湿だけでなく、毛羽立ちを抑えてあげる効果も備えています。そのためクリームが若干固めになっていて、保湿後にから拭きすることで毛羽立っている革表面を寝かせてあげるイメージです。これにより、コードバン特有のツルッとしたツヤ感を回復することができます。

【特徴3】表面をコーティングして摩擦を軽減

コードバンは乾燥するとどうしても毛羽立ってくるので、それを上から押さえてあげるようなイメージ。わかりやすく言うと、革表面をコーティングしてあげるようなイメージですね。それができるのが、『コードバンクリーム レノベーター』なんです。コーティングにより摩擦を抑えられ、傷がつきにくくなります。

革全体に塗った後、少し押し込むようにしっかりから拭き!

高価なコードバンこそ長く使いたいところ。もともとコードバンは丈夫なので、お手入れさえしっかりすれば長持ちする素材です。しかし正しいケア方法がわからず、お手入れをしていない人も多いのではないでしょうか。そこで『コードバンクリーム レノベーター』の使ったケア方法を、静さんに聞いてきました。

—お手入れに使う布は?

レザーケアには、ポリッシングコットンと呼ばれる目が細かく柔らかい布を使ってください。タオルやTシャツの切れ端は摩擦が生じやすく、革が傷ついてしまいます。またクリームの水分を吸い取ってしまい、革に浸透しないのでおすすめしません。

—お手入れの頻度は?

頻度に決まりはありませんが、財布は毎日使うものなので、一週間に1回のケアがおすすめです。もちろん毎日でもOK。革は必ず乾燥するものなので、頻繁にやっていただいて結構です。

—使用するクリームの量は?

一度に布につける量の目安は、小指の先くらいです。ほんの一粒程度。革のコンディションによって使い分けてほしいのですが、基本的には少量ずつ数回に分けて使用してください。たくさんつけても一定量以上は革に浸透しないので効果はありません。

【手順1】コットン布を指に巻く

コットン布を指に巻く

レザーケア用の布、ポリッシングコットンを用意します。布の持ち方に決まりはありませんが、指に巻くことをおすすめしています。指に巻くと細かな作業ができ、塗りムラができにくく角にも塗りやすいんです。ポイントとしては、段差をなくして平らな部分を作って巻くことです。

【手順2】クリームを少量布にとる

少量布に取る

指に巻いたコットンに、少量のクリームをとります。小指の先程度、ほんの一粒くらいで大丈夫です。しかしたくさんとってしまっても、塗った後にしっかりから拭きすれば全く問題ありません。

【手順3】目立たない四隅から塗る

【手順3】目立たない四隅から塗る

まずは目立たない四隅にクリームをつけてください。革は必ずクリームを吸収するものなので、最初はシミになったように見えて驚くかもしれません。しかしクリームを吸っているだけなので、実際には5分ほど待てばシミは消えていきます。……と、これは一般的なクリームのお話。この『コードバンクリーム レノベーター』は、シミっぽく見えることもありません。これがベストマッチの真価の一つです!

【手順4】革全体にまんべんなく伸ばす

【手順4】革全体にまんべんなく伸ばす

シミっぽくならないのでどこから塗り始めてもいいのですが、全体にムラなく塗るためにやはり端から塗ることをおすすめします。やり方は特になく、指でまんべんなく伸ばしていけばOKです。塗っていくうちにクリームが途切れていくと思いますが、これはコードバンにクリームが浸透している証拠。もう一度指に同じ量をとり、また同じように塗っていきます。長財布なら2回ほどクリームをとれば十分ですね。

【手順5】少し押し込むようにから拭き

【手順5】少し押し込むようにから拭き

クリームによる保湿が終わったら、次はから拭きです。塗った後に何分待つといった制約はないので、自分のリズムで楽しくお手入れしてください。『コードバンクリーム レノベーター』の特徴として、から拭きすることによって革表面の毛羽立ち感を抑えられるという効果があります。そのため若干押し込むようにから拭きしてください。そうすると、みるみるうちにツヤが出てきます! お手入れはたったのこれだけで終わりです。

お手入れのプロからワンポイントアドバイス

株式会社R&D 静 邦彦氏

革製品のお手入れは、クリームを塗る前に馬毛のブラシで汚れを落としておくと効果的です。きれいになるのはもちろんですが、ケアクリームがしっかり浸透していきます。また、コードバンは起毛革という特性があるので、少し押し込むようにから拭きし、表面の毛羽立ちを抑えるイメージでお手入れしてください。

Before&After

Before&After

『コードバンクリーム レノベーター』でケアすると、革表面がツルツルとした質感になります。これこそコードバンの毛羽立ちを抑えられた証拠です。もちろん上品な光沢感も回復。同時に色味も引き締まり、コードバン本来の深いカラーを引き出すことができます。クリームを革全体に塗った後、少し押し込むようにから拭きすればOK。希少なコードバンも、専用クリームなら簡単にケアできます。

商品紹介
【CYPRIS×M.MOWBRAY】コードバンクリーム レノベーター

コードバンクリームレノベーター

オンラインストアで購入する

コードバン革に栄養を与えるケアクリームです。コードバンが持つ本来の自然な輝きとツヤを与え、財布を長持ちさせることができます。また、革表面の傷や色褪せした部分にクリームが浸透して保護する効果があります。

対応シリーズ

・コードバン全般
コードバン&ルーガショルダー

【品番】No.004800
【税抜価格】1,500円
【容量】60ml
【素材】ロウ・油脂・有機溶剤
【製造元】株式会社R&D
【原産国】イタリア

用途

コードバンの栄養・ツヤ出し、ガラスレザーのツヤ出し。

注意

・上記の【用途】以外の製品には使用できません。
・ツヤが消えたり、色落ち、シミ、色ムラ、変色する特殊仕上げのコードバン革もありますので、目立たない部分でテストしてからご使用ください。
・使用後は完全にフタを閉めて保管してください。
・子供の手に届かない場所に保管してください。
・クリームには油脂等が含まれているため、皮革に使用後は必ず色が濃くなります。
・クリームが変質してしまう可能性がありますので、15~25℃で保管してください。
・ビンの側面から見たカラーによっては、クリームが部分的に白くみえることがありますが、品質上問題はありません。

 

取材協力 株式会社R&D http://www.randd.co.jp/
Photo Hirotake Harata
Text Masahiro Tsuda