menu

CYPRIS MAG
CYPRISの公式ウェブマガジン

CYPRIS×M.MOWBRAY『クリームエッセンシャル』のケア製品を発売

更新日時:2018/08/30

CYPRIS×M.MOWBRAY『クリームエッセンシャル』

ソフトレザーにベストマッチした皮革用ローション『クリームエッセンシャル』

【CYPRIS×M.MOWBRAY】クリームエッセンシャル

今回紹介するのは、CYPRIS×M.MOWBRAYケアクリームの3商品の中で、もっとも汎用性の高い皮革用ローション『クリームエッセンシャル』です。こちらはシルキーキップやボックスカーフといった繊細なソフトレザーにベストマッチした商品となっています。このケアクリームの特徴をご紹介します。

この『クリームエッセンシャル』はローション状のケア用品です。クリーム以上に柔らかいので、非常に伸びが良く、使いやすい点が特徴です。また、ローションタイプには汚れを落とすクリーナーの機能もあるため、お手入れしやすい点も特徴となっています。

【特徴1】革本来のツヤを回復できる

革に栄養を与え、ツヤのある革であれば本来のツヤを回復させてあげることができます。あまりツヤのないマットなソフトレザーも、これを使うことによって革をベストな状態にもっていくことができ、ツヤをそんなに出さずに自然に仕上げることができます。

【特徴2】ソフトレザーにベストマッチ

ソフトレザーは水分が多いから柔らかいと考えてもらっていいので、水分が抜けるとパリパリになってしまいます。『クリームエッセンシャル』はローションタイプなので水分が多く、浸透力が非常に高い。水分補給を含めた保湿ができるため、ソフトレザーにベストマッチした商品となっています。

【特徴3】さまざまな革に使える汎用性の高さ

さまざまな革に対応できる点も特徴となっています。キプリス製品に使われている革だと、シルキーキップやボックスカーフなどのソフトレザーを始め、98種類のレザーにベストマッチします。よほどデリケートな革でない限り使える汎用性の高い商品です。

使い方も簡単! 革全体に塗って、から拭きするだけでOK

ケア方法がわからないからお手入れをしていない……そんな人も多いのではないでしょうか。そこで『クリームエッセンシャル』の使い方を静さんに聞きました。

—お手入れに使う布は?

「レザーケアには、ポリッシングコットンと呼ばれる目が細かく柔らかい布を使ってください。タオルやTシャツの切れ端は摩擦が生じやすく、革が傷ついてしまいます。またクリームの水分を吸い取ってしまい、革に浸透しないのでおすすめしません」

—お手入れの頻度は?

「頻度に決まりはありませんが、財布は毎日使うものなので、一週間に1回のケアがおすすめです。もちろん毎日でもOK。革は必ず乾燥するものなので、頻繁にやっていただいて結構です」

—使用するクリームの量は?

「一度に布につける量の目安は、小指の先くらいです。ちょんと一粒程度。革のコンディションによって使い分けてほしいのですが、基本的には少量ずつ数回に分けて使用してください。たくさんつけても一定量以上は革に浸透しないので効果はありません」

【手順1】コットン布を指に巻く

コットン布を指に巻く

布の持ち方に決まりはありませんが、指に巻くことをおすすめしています。指に巻くと細かな作業ができ、塗りムラができにくく角にも塗りやすいんです。ポイントとしては、段差をなくして平らな部分を作って巻くことです。

【手順2】容器を振ってクリームを布にとる

【手順2】容器を振ってクリームを布にとる

ローションタイプの『クリームエッセンシャル』は成分が分離していることもあるので、まず容器を振ってから使います。そして指に巻いたコットンに、ちょんと一粒程度クリームをとります。もし、たくさんとってしまっても、塗った後から拭きすれば大丈夫ですので、あまり深く考えなくても大丈夫です。

【手順3】目立たないところに塗る

手順3】目立たないところに塗る

目立たない四隅から塗り始めます。水分が多いローションタイプなのでどんどん革に染み込んでいきます。だからシミではないかと不安になるかもしれませんが、これを伸ばして塗り込んでいくことでシミっぽさは消えていくので安心してください。

【手順4】円を描くように伸ばす

【手順4】円を描くように伸ばす

円を描くように伸ばすのがポイント。革は繊維なので、円を描きながら塗ることでクリームの浸透性が上がります。床屋さんのシェービングクリームと同じで、あれは肌に浸透させるためにやっているんですよ。とはいえ基本的にはフリースタイルでOKです。ベストマッチのクリームなので、ナーバスになる必要はありません。

【手順5】クリームがなくなったら追加

【手順5】クリームがなくなったら追加

途中でかなりクリームが吸い取られると思いますが、それだけ革が水分を欲しているということ。クリームがなくなったら、もう一度同じことを繰り返します。それでも長財布は2回くらい。革全体にまんべんなく塗ってください。

【手順6】なでるようにサッとから拭き

【手順6】なでるようにサッとから拭き

クリームがほぼ乾いたら、あとはから拭きです。『クリームエッセンシャル』をソフトレザーに使った場合、浸透性がすごく高いので、力を入れずなでるように拭くだけでOKです。

お手入れのプロからワンポイントアドバイス

株式会社R&D 常務取締役 静邦彦氏

革の天敵となるのは乾燥です。特にソフトレザーは潤いが大事。そのため『クリームエッセンシャル』によって革を保湿することで、シミを防ぐことができます。シミは乾燥している革に水分が染み込むことによってできるので、あらかじめ水分を含ませておけば、手の湿気が染み込んで黒くシミになることもありません。

Before&After

Before&After

『クリームエッセンシャル』でケアした後は、革がしっとり。ソフトレザーの風合いが楽しめる自然な仕上がりになります。デリケートな革は新品でもカサカサになりやすいので、特にビフォアケアが大事。シミの原因となる手の汗や湿気なども、クリームで保湿することでガードすることができます。クリームを革全体に塗った後、サッとから拭きするだけと、まったく手間がかからないので、財布を長持ちさせるためにもビフォアケアはおすすめです。

商品紹介
【CYPRIS×M.MOWBRAY】クリームエッセンシャル

CYPRIS×M.MOWBRAY『クリームエッセンシャル』

オンラインストアで購入する

ビーズワックス(蜜ロウ)のエッセンスを配合したソルベントフリーの皮革用ナチュラルローションです。皮革に潤いと栄養を与えながら自然なツヤを与え、同時に表面に付いた汚れを落とします。動物性油脂ラノリンの配合により、皮革の柔軟性も維持します。

【対応シリーズ】

シルキーキップ(オリオモーレ)
ボックスカーフ
ベルラネラ
・ルーガショルダー
トリロジー(外側)


・オーベルニュカーフ

【品番】No.004600
【税抜価格】1,700円
【容量】125ml
【素材】ロウ・油脂・有機溶剤
【製造元】株式会社R&D
【原産国】フランス

用途

スムースレザー(一般的な光沢のある表革)・ガラス革レザー・ブライドルレザー(ロウ引き革)の財布、ベルト、鞄、バッグ、手帳及び合成皮革製品の栄養・ツヤ出し。

注意

・上記の用途以外には使用できません。
・スエード、ヌバック等の起毛皮革、爬虫類、シープ、ラム革製品には使用できません。
・ヌメ革、ナッパ、アニリン染めの仕上げの皮革製品には使用できません。
・新品のロウ(表面の白い粉)が残っている状態のブライドルレザーには、当製品は不要です。
・ナチュラルな天然油脂を使用していますが、アレルギー対策商品ではありません。
・子供の手に届かない場所に保管してください。
・色落ち、シミ、色ムラ、変色する特殊な皮革もありますので、予めご了承の上、目立たない部分でテストしてからご使用ください。
・クリームエッセンシャルは少量使用してください。多く使ってしまうと表面に成分が白く残ってしまう場合があります。
・使用後は仕上げに馬毛ブラシと柔らかい布を使用してください。
・成分が表面に残ってしまった場合は水性クリーナーを使用してください。

 

取材協力 株式会社R&D http://www.randd.co.jp/
Photo Hirotake Harata
Text Masahiro Tsuda